非常用発電機の性能試験で社会に貢献する

CE発電設備点検株式会社 

コーポレートカラーレッドライン
非常用発電機の模擬負荷運転試験に関する更新情報
HOME > NEWS > Articles > ニュース_0002
コーポレートカラーレッドライン

2017年8月2日 負荷運転試験推進の為の定例部会

場所 大阪市中央区今橋

内容 負荷運転試験の啓蒙の心構えと、技術的側面

  1. 啓蒙活動時の心構え 
  2. 負荷運転試験の現場調査と、試験の見学会の報告 
  3. 模擬負荷装置(試験機)の説明
 

①啓蒙活動時の心構え

非常用発電機の負荷運転試験は、法令で定められた義務であり、罰則規定もある事等に付け込み、顧客らに対して、強引な啓蒙とならない事を確認。あくまでも、国民全体の安心、安全の為の啓蒙であり、紳士的な態度で臨むことを確認した。

 

② 負荷運転試験の現場調査と、試験の見学会の報告 

5月、6月に見学をした現場調査と、負荷運転試験現場の振り返りと、画像、映像での紹介。営業中の高齢者施設、オフィスビルでの実施に、技術的な実習、見学だけでなく、顧客、施設利用者とのコミュニケーションも大切な事を確認した。

 

③ 模擬負荷装置(試験機)の説明 

CE研究機構オリジナルの模擬負荷装置(LVS-36CE)の詳細を説明。各スイッチ等の説明、分解方法、接続方法、操作方法の確認。(一社)消防設備安全センターでの性能評定の手続きの途中経過報告と、取得異議と安全意識の確認。

 

次回の課題 

非常用発電機の負荷運転試験のの現場を検証
 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |