非常用発電機の性能試験で社会に貢献する

CE発電設備点検株式会社 

コーポレートカラーレッドライン
非常用発電機の模擬負荷運転試験に関する更新情報
HOME > NEWS > Articles > ニュース_0003
コーポレートカラーレッドライン

2017年10月11日 負荷運転試験推進の為の定例部会

場所 大阪市中央区今橋

内容 負荷運転試験の推進方法の研究

  1. CE研究機構の負荷運転試験の差別化要因
  2. 啓蒙アプローチ先の確認
  3. 「従業者証」講習会の報告 
 

① CE研究機構の負荷運転試験の差別化の要因

CE研究機構グループでの負荷運転試験の差別化要因を確認した。

  • 15億円補償の保険
  • 全国でのサービス提供と統一価格
  • 資格者の登用
  • 実績の公開
  • (一社)消防設備安全センターの性能評定機器の利用

 

② 啓蒙アプローチ先の確認

負荷運転試験の推進を社会に啓蒙する意義は大きい。社会全体に浸透させる為、優先的に病院、高齢者施設ホテル等のオーナー、組合等のグループや、大手のデベロッパー、企業群への啓蒙を進める事で、より早く浸透するかと思われる。
 

③ 「従業者証」講習会の報告

啓蒙活動時に「従業者証」を身に付け、提示する事で、お客様に安心していただけると考える。法令の確認、負荷運転試験の意義、技術的な側面などの講習を、東京、大阪で開催した事を報告した。技術的、知識的にさらに、高められるよう努力する事を確認した。

 

 

次回の課題

負荷試験機の啓蒙活動の共有と行政の動きの研究 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |